トゥルー バターケース●大きなクリの木の柾目材で

Category : true butter case

画像と同じ商品をお届けします  

 


こちらの3枚の画像はクリックで拡大します  

★お買い上げいただきました。ありがとうございました。
◎今後の「トゥルー バターケース・クリの木」の発売予定。
 いまのところ、発売の予定はありません。
※こちらのプロダクトは、バターがポップアップしないタイプです。


テーブルに、自然な感じで存在してくれる

大きなクリの木の丸太から、
木目がまっすぐ通った部分を
選んで切り出しました。
スッキリと木目が通った
柾目の木のバターケースです。

「クリで柾目」というのも、
最近は、むずかしくなってきました。
大きな木が少なくなってきたからです。

シンプルなルックス。
食卓をスマートにコーディネイトできる。
ニュートラルで飽きがこない。
末長くお使いいただけると思います。


写真ではわからない、クリ材のいいところ。
それは「あたたかみ」
触れると他の樹種より、
表面温度が数度高いんじゃないか、
と思えるほど。

クリの木は、木の繊維のあいだに、
たっぷりと空気を含んでいます。
だから、やさしい手ざわり。


トゥルー バターケース、ですから。
バターが上がる「ポップアップ機構」がありません。
かつ、クリ材は比重が小さい、低い。
ふたつの要素が相まって、
軽量に仕上がっているのもポイントです。


栗とくれば、和なイメージですが。
和風のリビングやテーブルでなくとも、
似合うと思います。

使えば使うほど、
渋いテイストに育っていくのが、
クリの木のいいところ。
暮らしの道具を、いつくしんで使いたい方に、
ぜひ、手にしていただきたいです。


 


画像と同じ商品がご注文いただけます。
色や質感は撮影やモニターの具合により、誤差があります。
このバターケースの重量は605g(製品完成時)です。


木について
●クリ/栗/chestnut

説明の必要がないほど、誰でも知ってる木。
日本では、北海道南西部から九州で育ちます。

信州では昔から、
クリの木が多く植えられてきました。
なかでも、北信の小布施は、クリの名産地で、
栗鹿の子をはじめとする、栗菓子で有名です。
栗が観光資源になっているほどで、
たくさんの人が訪れます。
参考までに、小布施について、
当工房の日記ページへのリンクです。
≫ 安曇野クラフト日記
「ちいさな町のおおきな栗の木」

材は木目がはっきりしていて、
ざっくりとした風合い。
軽量だけど、強度のある材。
木工芸界では最近注目されている樹種ですが、
樹齢のある木はそれほど多くないです。

刃を入れると、あの栗の香りがします。
こげると、焼き栗な、甘栗な、
食欲をそそる香りがします。

クリの木の名の由来は、古語にあります。
落ちた実が小石のように見える。
ということで、
小石を意味する古語「くり」が
その語源だそうです。

気乾比重:0.55

画像は、産地直送の食材お取り寄せサイト
こっくさん.comからご提供いただきました。
店長さんご自身が、小布施の農家さんに
出向かれたとき撮った写真、とのことです。
実のなる木というのは、いいものですね。
(C)Kazuki KAWAHARA/SQUARE CRAFT FACTORY
写真は、左が「野幌自然公園」の原生林で。右2点が北海道大学農学部で。
いずれも2012年7月、北海道札幌市にて撮影。

◎画像の使用は、ご連絡をいただき、当ページへのリンクをお願いいたします。


トゥルー バターケースついて

「トゥルー バターケース」は、
“バターを保存すること” を大切に考えて、
つくられた木のバターケースです。

冷蔵庫の空気からバターを守る。
そのことを優先して、設計、デザインされました。
密封・密閉性があるよう、
フタの裏は、コルクになっています。
バターの酸化を抑え、フレッシュな状態が保てます。

バターは、ステンレスの底板の上に置くので、
清潔に保存することができます。
18-8ステンレスを使用していますので、
通常の使用では、錆びることはありません。
取りはずして、水洗いすることもできます。

木製のバターケースの特長は、
バターがほどよいかたさで保存できること。
冷蔵庫の冷気でバターがカチンカチンに硬くなりません。

トゥルー バターケースは、
リアル バターケースのように、
ポップアップする機能がありませんが、
お求めやすい、リーズナブルな価格にしています。

こちらの商品は、他のバターケースよりも、
さらに製作数が限られております。
ご希望の方は、早めのお買い求めをおすすめします。

くわしい「トゥルー バターケース」の商品説明は
こちらをごらんください ≫


「トゥルー バターケース」の開発コンセプトも
ぜひ、ごらんください ≫


●外寸:長さ18.8×幅10.4×高さ7.5cm
●内寸:長さ15.3×幅7.3×高さ3.5cm
※設計寸法です。実寸とは若干の誤差があります。

◇このバター容器には200gサイズのバターが入ります。
★こちらの商品にはバターが上がる機能はありません。
 



販売価格

6,111円(税込6,600円)

在庫数 受け付け終了しました
お買い上げいただきました
-----------------------------------------------------------------
 【ご購入を希望される方へ】
 商品販売は「抽選制」となっております
 ご購入を希望の方は「ご購入申し込み」が必要です

-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
  掲載の商品は「1点かぎり」です
  ご購入を決められましたら
  早めのお買い上げをおすすめします

-----------------------------------------------------------------
こちらのページ「購入申込み・お支払いについて」もお読みください

ご覧いただき、ありがとうございます。

商品をご購入を希望される、すべてのお客様へ。

2013年の1stロットより、販売方法を変更しました。

販売は、ご希望の方からお申し込みをいただき、
そのなかから、抽選で決定させていただきます。

これまでは、発売開始の日時を決めて、
先に申し込まれた方に、
お買い求めいただいておりましたが、
発売時間直後に、当webショップへのアクセスが集中し、
事実上の「早い者勝ち」になることが、
しばしば見受けられるようになりました。


このままでは、販売方法を
公平に保つことは難しくなりましたので、
「申し込み→抽選制」での販売に
切りかえることにいたしました。

なお、抽選後の「当選のご連絡」は、
メールにて行ないますが、
確実を期すため「要返信」とさせていただきます。
なお、ご返信いただくことが、
ご購入(当選)の条件となります。

つぎのご購入ステップの「お支払い・ご決済」は、
そのあと、メールにて差し上げます。

詳細は、別ページ「購入申込み・お支払いについて」で、
お申し込みから、抽選について、
そして、お支払い・ご決済、商品お届けまでの
くわしい流れを説明しておりますので、ご覧ください。

抽選販売は、クラフト・雑貨系のオンライン販売としては、
あまり見られない方法です。
ですので、上記リンクから説明ページへお入りいただき、
ご理解をいただいた上で、お申し込みいただくよう、
重ねて、お願いいたします。


2013年1月11日
川原カズキ/スクエアクラフト&クラフト・オンライン
   
   

当ショップ「クラフト・オンライン」では、
「スクエア クラフト ファクトリー」の工房にて
製作した商品を、1つずつ撮影し、
個別に紹介記事を作成し、UPしております。

商品の在庫については、
ほとんどのプロダクトについて、
ストックはありません。

いま、ご覧いただいている商品は、
どなたかにお買い上げいただきますと、
「売り切れ」となります。

売り切れの商品について、
「同じ(樹種の)商品は、ありますか?」という
お問い合わせをいただくことがあります。

これにつきましては…
「つぎ(以降)のロットをお待ちください」
と、お答えするか、
「材料が、もうないので、発売予定はありません」
と、ご返事することになります。

個人で製作、販売を行なっておりますので、
たくさんの数を作って、販売することはできません。
事情をご理解いただくとともに、
売り切れの際は、ご容赦いただきますよう、
よろしくお願いいたします。



 

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

 

スクエア クラフト ファクトリーのウェブサイトへ

ショッピング・カート

» カートの中身を見る

商品カテゴリー

最近リリースしたプロダクト

お支払い・送料について

商品発売「ご案内メール」サービス

商品を検索する

こちらでも買えます

トゥルー バターケース 発売中 トゥルー バターケース 発売中 ヤフオクのスクエアクラフトpageへ

カルピスバターを使った
レシピがいっぱいの本

トゥルー バターケース 発売中
バターマニア
カルピスバターに携わる人たちが披露してくれる、とっておきのカルピスバターのレシピがぎっしり。カルピス社監修、カルピスバターの公式ガイドブック。スクエアクラフトの「パティ450」も紹介されています。

工房のこと 安曇野のこと

安曇野クラフト日記のウェブサイトへ

Feeds(ページ更新情報の配信)

RSS - ATOM