リアル バターケース●ブラックウォールナット#19エリートグレード

Category : real butter case

画像と同じ商品をお届けします  

 


こちらの3枚の画像はクリックで拡大します  

お買い上げいただきました。ありがとうございました。
◇お申し込みが、複数、多数の場合は、抽選とさせていただきます。
◇お譲りする方へは、お申し込み締め切り後に、
 メール(翌日までに要返信)で、ご連絡を差しあげます。
◇当webサイトのトップページでは、お申し込み締め切りから30分後に、
 お譲りする方のご氏名のイニシャル(+お住まいのエリア)を、掲載します。
◇くわしくは「ご購入の申し込み・お支払いについて」を、必ずお読みください。
販売数は、1つとなっております。
1回の販売期間で、お申し込みは1回、合計1つまでとなっております。
こちらのプロダクトには、200gサイズまでのバターが入ります。
 
非の打ちどころがないから、言うべきこと、なくなってしまう。



特段、述べることがない。

良い仕上がりのプロダクトと対峙すると、
時おり、こういう心境になります。

非の打ちどころがない。
そう言えば、よいのでしょうか。

サイドを、かるく弓なりに走る木目のライン。
さらり流れる、トップの静かなる意匠。
こう組めれば、思い残すことはありません。

あくまでも、静かに。
使う者を、静寂の領域へと、いざなう。
そして、その、しじまなる空間のなかに、
ほんのりとした、あたたかみを感じる。

上質で、しつけの良い
ブラックウォールナット材が醸し出す、
媚びない、けれんみのない風合い。
じつに、秀逸だと思います。

エリートグレードは、確実で、
プレミアムでも、とは思いましたが、
つつましく、エリートとしました。


ブラックウォールナットのバターケース。
ひとつ仕上げるたびに、
『ああ、良いなぁ』と思います。
写真を撮影するときも。
同系色の茶色バックを使っても、
確たる存在感があって
『やっぱり、良い!』と思います。

ブラックウォールナット、とくれば。
「ああ、茶色ですよね」となりますが。
たんに「茶色の木です」というだけでは、ここまで人気のある樹種にはなりません。

そもそも、ブラックウォールナットが、なぜ、みなに好まれるのか……。
じっと、眺めていると。
ブラウンといっても、いろんなブラウンで、材が構成されていることに気づきます。

光があたれば。
トップ(上面)の端は、シルバーに輝きます。
サイド(側面)には、明と暗のコントラストがつきます。
こんなふうに。光と影が織りなす存在感がある。
まず、バターケース単体としてのルックスが、とても良いのです。

さらに、考察。

ブラックウォールナットのブラウンは、
「食卓を構成する、いろんな色と相性が良い」のです。

 ◇インテリア空間を構成するホワイト。
 ◇アイボリーや赤のギンガムチェックのテーブルクロスや、ランチョンマット。
 ◇フォークやナイフなど、シルバーのカトラリー。
 ◇きつね色に焼けたパンの色。
 ◇グリーンサラダのレタス、マーシュや、いんげんのグリーン。
 ◇コーヒーのチャコール・ブラウン、カフェオレのベージュ色
 ……などなど。

思いつくまま挙げても、とにかく相性が良い。

というわけで、ブラックウォールナット材は、絶大なる人気がある。
『ブラックウォールナットじゃなきゃ。』 というシーンが、たくさんあるのです。
多くの人を惹きつけてやまない、ブラックウォールナットの魅力。
ほかの何ものにも、置き換えることはできません。

木の繊維のなかに、空気をたっぷりと含んでいることも、
ブラックウォールナットの優れたところとして、挙げておきましょう。
しっかり冷えたバターケースであっても、
拒絶したくなるような冷たさを感じることはありません。
これは、木のバターケースすべてに共通することですが、
ブラックウォールナットのバターケースを手に持つと、
そのメリットを、より、確かに実感できます。

これから、あなたの前に展開されるであろう、永きにわたる時間。
ブラックウォールナットのバターケースと過ごしてみましょう。
年々、このバターの箱の存在感、増してゆきます。
ブラウンの色に、奥行きが加わります。
行く末が、未来が、楽しみになってくるでしょうか。


はなし、変わって。
個人的なことですが。

昨年のいまごろ、伯父が。この世と、わたしたちと、お別れをしました。

とりわけ、お世話になった伯父には、
ブラックウォールナットのリアル バターケースをプレゼントして、
ずっと、使ってもらってました。

在りし日の、ある朝。トーストの香り漂う食卓で。
日々の暮らしになじんだ、そのブラックウォールナットのバターケースは、
色の濃さが増して、キラキラと光っていました。

「いいもんだね。これは」
そう語る伯父の言葉と笑顔を、ずっと、忘れることはないでしょう。

大切にしている暮らしの道具があれば。
きっと、大切な想い出が遺るでしょう。

画像と同じ商品を、お渡しします。
色や質感は撮影やモニターの具合により、誤差があります。
このバターケースの重量は536g(製品完成時)です。

 

木について
●ブラックウォールナット/黒胡桃/Black Walnut

木材市場で
どんどんセリ値が上がる、ブラックウォールナット。

その理由は第一に、その色にあります。
茶色を持つ樹種は、
それほど多くはありません。
シックでナチュラルなブラウンは、
ブラックウォールナットにしかない色。
なにせ「ウォールナットいろ」という言葉が、
塗料業界にあるぐらいですから。

そして、切りやすい、削りやすい、精度が決まる。
茶色い材で、加工がしやすい、というものは、
さらに限られてきます。

だから、流通量が多くても、需要が高いので、
経済の原則に従って……というワケなのです。

ウォールナット=クルミ。
もちろん、クルミの実がなります。

実がなる、木材として高く売れる。
もし、私が山を所有していたら……。
ブラックウォールナットを植えたいかな……。

北米産です。
それだけに?
この材には、銃弾が入っていることが、あります。
いかにも、アメリカンなハナシ。

ちなみにわたしは、
そんな材に“当たった”ことは、まだありません。

気乾比重:0.63





外国種で、国内では自生してません。
また、植えられることもほとんどありません。
というわけで。こちらは、日本で生育する、
めずらしいブラックウォールナット、
というわけです。

写真上と右下は、2012年7月、
北海道大学植物園(札幌市)にて、川原カズキが撮影。

(C)Kazuki KAWAHARA/SQUARE CRAFT FACTORY
◎画像の使用は、ご連絡をいただき、当ページへのリンクをお願いいたします。

 

リアル バターケースついて

底が深いバターケースは、
皿型のバターケースより持ちやすいのですが、
そのかわり、バターが切りにくい。
削るにしても、バターが少なく、
薄くなると削りにくくなります。

この悩み…。
スクエアクラフトが解決しました。

オリジナルのアイディア「ポップアップ機構」は、
ケースをフタの上にのせるだけで、
バターが上がってくる、
まったく新しい設計コンセプトです。

底板には、18-8ステンレスを採用。
取りはずして洗うことができるので、いつも清潔。
木のバターケースについて、
清潔感を気にされる方にも、おすすめできます。

スクエアクラフトのバターケースには、
バターナイフを通すスリット(穴)がありません。
だから、密封・密閉性がアップ!
バターをおいしく長持ちさせることができます。

毎日の朝食が楽しくなる。
バターを大切に保存してくれる。
「リアル バターケース」は、
バターのための、
バターを使う人のための木製バターケース。

いろんな樹種で製作したバターケースは、
ひとつひとつ、写真を撮って、
webショップで紹介しています。

安曇野の工房から全国の皆さまへ。
たくさんの方に、お買い上げいただき、
ご愛用いただいております。

くわしい「リアル バターケース」の商品説明は
こちらをごらんください ≫


「リアル バターケース」の開発コンセプトも
ぜひ、ごらんください ≫









●外寸:長さ18.4×幅10.0×高さ7.5cm ●内寸:長さ13.0×幅6.8×高さ3.4cm
※内寸の長さと幅は、ステンレス底板の寸法です(設計寸法です。実寸とは若干の誤差があります)
◇このバターケースには 200gサイズのバターが入ります。
◇オイル塗料は、食品衛生法適合品を使用しています。

販売価格

16,000円(税込17,280円)

在庫数 受け付け終了しました
お買い上げいただきました
-----------------------------------------------------------------
 【ご購入を希望される方へ】
 商品販売は「抽選制」となっております
 ご購入を希望の方は「ご購入申し込み」が必要です

-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
  掲載の商品は「1点かぎり」です
  ご購入を決められましたら
  早めのお買い上げをおすすめします

-----------------------------------------------------------------
こちらのページ「購入申込み・お支払いについて」もお読みください

ご覧いただき、ありがとうございます。

商品をご購入を希望される、すべてのお客様へ。

2013年の1stロットより、販売方法を変更しました。

販売は、ご希望の方からお申し込みをいただき、
そのなかから、抽選で決定させていただきます。

これまでは、発売開始の日時を決めて、
先に申し込まれた方に、
お買い求めいただいておりましたが、
発売時間直後に、当webショップへのアクセスが集中し、
事実上の「早い者勝ち」になることが、
しばしば見受けられるようになりました。


このままでは、販売方法を
公平に保つことは難しくなりましたので、
「申し込み→抽選制」での販売に
切りかえることにいたしました。

なお、抽選後の「当選のご連絡」は、
メールにて行ないますが、
確実を期すため「要返信」とさせていただきます。
なお、ご返信いただくことが、
ご購入(当選)の条件となります。

つぎのご購入ステップの「お支払い・ご決済」は、
そのあと、メールにて差し上げます。

詳細は、別ページ「購入申込み・お支払いについて」で、
お申し込みから、抽選について、
そして、お支払い・ご決済、商品お届けまでの
くわしい流れを説明しておりますので、ご覧ください。

抽選販売は、クラフト・雑貨系のオンライン販売としては、
あまり見られない方法です。
ですので、上記リンクから説明ページへお入りいただき、
ご理解をいただいた上で、お申し込みいただくよう、
重ねて、お願いいたします。


2013年1月11日
川原カズキ/スクエアクラフト&クラフト・オンライン
   
   

当ショップ「クラフト・オンライン」では、
「スクエア クラフト ファクトリー」の工房にて
製作した商品を、1つずつ撮影し、
個別に紹介記事を作成し、UPしております。

商品の在庫については、
ほとんどのプロダクトについて、
ストックはありません。

いま、ご覧いただいている商品は、
どなたかにお買い上げいただきますと、
「売り切れ」となります。

売り切れの商品について、
「同じ(樹種の)商品は、ありますか?」という
お問い合わせをいただくことがあります。

これにつきましては…
「つぎ(以降)のロットをお待ちください」
と、お答えするか、
「材料が、もうないので、発売予定はありません」
と、ご返事することになります。

個人で製作、販売を行なっておりますので、
たくさんの数を作って、販売することはできません。
事情をご理解いただくとともに、
売り切れの際は、ご容赦いただきますよう、
よろしくお願いいたします。



 

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

 

スクエア クラフト ファクトリーのウェブサイトへ

ショッピング・カート

» カートの中身を見る

商品カテゴリー

最近リリースしたプロダクト

お支払い・送料について

商品発売「ご案内メール」サービス

商品を検索する

こちらでも買えます

トゥルー バターケース 発売中 トゥルー バターケース 発売中 ヤフオクのスクエアクラフトpageへ

カルピスバターを使った
レシピがいっぱいの本

トゥルー バターケース 発売中
バターマニア
カルピスバターに携わる人たちが披露してくれる、とっておきのカルピスバターのレシピがぎっしり。カルピス社監修、カルピスバターの公式ガイドブック。スクエアクラフトの「パティ450」も紹介されています。

工房のこと 安曇野のこと

安曇野クラフト日記のウェブサイトへ

Feeds(ページ更新情報の配信)

RSS - ATOM