リアル バターケース●けやきの木#08エリートグレード

Category : real butter case

画像と同じ商品をお届けします  

 


こちらの3枚の画像はクリックで拡大します  

お買い上げいただきました。ありがとうございました。
※通常は、複数のお申し込みをいただいた際は、抽選を行ないますが、
 今回、このプロダクトにかぎりまして、先着お申し込みの方への販売となります。
※お申し込み後、送信されますメールには、システムの都合上で、
 「抽選」のむね、明記されておりますが、抽選は行ないません。
販売数は、1つとなっております。
1回の販売期間で、お申し込みは1回、合計1つまでとなっております。
こちらのプロダクトには、200gサイズまでのバターが入ります。
 
けやきの箱のなかにあるのは、バターだけでなくて。




トップの木目は、あくまでもまっすぐ。
サイドの木目は、緩く、弧を描いています。

第一印象は、おとなしげで、
押しの強さは、ないけれど。
長きにわたって、お使いいただければ、
じっくりと、その良さが伝わってきます。

すっきりとしたルックスに仕上がった
欅の木のリアル バターケース。
エリートグレードでのリリースです。

手にとれば、確かな重さと、
思わず背筋が伸びる、和の材の香り。
趣味性も高いプロダクトです。


「和モダン」が、もてはやされるようになって、
ずいぶんと経ちます。
「現代的な生活のなかに、
和のテイストを取り入れる」
そんなスタイルが、
住空間のコンセプトのひとつの方向性として、
定着したように思います。
ケヤキのリアル バターケースは、
こういったコンセプトにも、しっくりきます。

ケヤキは、漆塗りで、
茶色く仕上げられることが多いのですが。
このプロダクトは、
無着色のオイルフィニッシュで仕上げています。
和風のリビング、ダイニングはもちろん、
伝統的な柄のテーブルクロス、
ランチョンマットと合わせても良いですし、
あえて、ガラスや金属のトップのテーブルに、
アクセントをつけるように置いて、
異種なる素材のコントラストを楽しむのも、良いかもしれません。


日本では、古来から、路傍に、防風林に、鎮守の森に、
ケヤキを植え、育てて、木材を利用してきました。
箪笥(タンス)、ちゃぶ台、火鉢と、
欅材で作られたものは、最上のものとされてきました。
ケヤキの木目は、日本人にとって、木のイメージであり、象徴でもあります。

美的感覚というものは、後から獲得されるものもありますし、磨かれもするものですが。
もともと、DNAに刻み込まれた感覚も存在する、と言われます。
日本に住まう私たちにとって、ケヤキの木目は。
たとえば、スポット照明の光量調節のダイアルを、すこしずつ上げていくように、
ひとの本能を、感性を、静かに揺り起こしていく作用があります。

時代の波に翻弄される、この国に暮らしていると。
報われないことによる疲労感、行く先の見えないことによる不安感が募ります。
そして、ときおり『何がために、生きてるんだろう?』と思うことがあります。
そんなとき、和のテイスト漂う、木目の通ったケヤキのバターケース前にすれば。
ささくれだった気持ち、折れそうな心が、
リセット、リフレッシュされていくかもしれません。

ケヤキの箱のなかにあるのは、バターだけではなくて。
静かで、純真で、動じることのない、モダンで和な世界観。
バターケースとしての機能だけでない、独自の価値をも有した、優れたプロダクトです。

画像と同じ商品を、お渡しします。
色や質感は撮影やモニターの具合により、誤差があります。
このバターケースの重量は735g(製品完成時)です。

 

木について
●ケヤキ/欅/zelkoova

上の写真は東京は世田谷区、
砧公園のケヤキです。
Photo by (c)Tomo.Yun
ケヤキは街路樹、公園の樹木など、
人の暮らしの身近にある木です。

わが国では、むかしから家具や
建築材料として重用された木で、
「木なら、ケヤキ」といわれるほど。

寺院や神社の建築にもよく用いられます。
たとえば、有名な京都・清水寺の舞台は、
ケヤキの木で建てられています。
社寺建築においては、
彫刻が施されることもあります。

太鼓の胴にも使われます。
あとは、臼や建具、仏壇に、電柱の腕木に…
ともかく、何にでも使えます。

そんなケヤキの木。
広葉樹の王様とも言えるでしょう。

気乾比重:0.47〜0.69


上の写真3点は、札幌市は北海道神宮にて、川原カズキが撮影。
北海道では、一般的にケヤキは自生しないので、植樹されたものと思われますが、
寒冷地育ちでありながら、樹勢、樹形もよいと感じられました。
上と左の写真2点は、長野県松本市は、
あがたの森にて、2013年、川原カズキが撮影。
もう、むかしのこととなりましたが、
松本では、ケヤキ材を使った家具が
特産品として有名でした。
ちなみに、あがたの森では、毎年5月に
「クラフトフェアまつもと」が開催されます。
写真のケヤキの木の下にも、
たくさんのブースがならびます。
(C)Kazuki KAWAHARA/SQUARE CRAFT FACTORY
◎画像の使用は、ご連絡をいただき、当ページへのリンクをお願いいたします。

 

リアル バターケースついて

底が深いバターケースは、
皿型のバターケースより持ちやすいのですが、
そのかわり、バターが切りにくい。
削るにしても、バターが少なく、
薄くなると削りにくくなります。

この悩み…。
スクエアクラフトが解決しました。

オリジナルのアイディア「ポップアップ機構」は、
ケースをフタの上にのせるだけで、
バターが上がってくる、
まったく新しい設計コンセプトです。

底板には、18-8ステンレスを採用。
取りはずして洗うことができるので、いつも清潔。
木のバターケースについて、
清潔感を気にされる方にも、おすすめできます。

スクエアクラフトのバターケースには、
バターナイフを通すスリット(穴)がありません。
だから、密封・密閉性がアップ!
バターをおいしく長持ちさせることができます。

毎日の朝食が楽しくなる。
バターを大切に保存してくれる。
「リアル バターケース」は、
バターのための、
バターを使う人のための木製バターケース。

いろんな樹種で製作したバターケースは、
ひとつひとつ、写真を撮って、
webショップで紹介しています。

安曇野の工房から全国の皆さまへ。
たくさんの方に、お買い上げいただき、
ご愛用いただいております。

くわしい「リアル バターケース」の商品説明は
こちらをごらんください ≫


「リアル バターケース」の開発コンセプトも
ぜひ、ごらんください ≫









●外寸:長さ18.4×幅10.0×高さ7.5cm ●内寸:長さ13.0×幅6.8×高さ3.4cm
※内寸の長さと幅は、ステンレス底板の寸法です(設計寸法です。実寸とは若干の誤差があります)
◇このバターケースには 200gサイズのバターが入ります。
◇オイル塗料は、食品衛生法適合品を使用しています。

販売価格

11,500円(税込12,420円)

在庫数 受け付け終了しました
お買い上げいただきました
-----------------------------------------------------------------
 【ご購入を希望される方へ】
 商品販売は「抽選制」となっております
 ご購入を希望の方は「ご購入申し込み」が必要です

-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------
  掲載の商品は「1点かぎり」です
  ご購入を決められましたら
  早めのお買い上げをおすすめします

-----------------------------------------------------------------
こちらのページ「購入申込み・お支払いについて」もお読みください

ご覧いただき、ありがとうございます。

商品をご購入を希望される、すべてのお客様へ。

2013年の1stロットより、販売方法を変更しました。

販売は、ご希望の方からお申し込みをいただき、
そのなかから、抽選で決定させていただきます。

これまでは、発売開始の日時を決めて、
先に申し込まれた方に、
お買い求めいただいておりましたが、
発売時間直後に、当webショップへのアクセスが集中し、
事実上の「早い者勝ち」になることが、
しばしば見受けられるようになりました。


このままでは、販売方法を
公平に保つことは難しくなりましたので、
「申し込み→抽選制」での販売に
切りかえることにいたしました。

なお、抽選後の「当選のご連絡」は、
メールにて行ないますが、
確実を期すため「要返信」とさせていただきます。
なお、ご返信いただくことが、
ご購入(当選)の条件となります。

つぎのご購入ステップの「お支払い・ご決済」は、
そのあと、メールにて差し上げます。

詳細は、別ページ「購入申込み・お支払いについて」で、
お申し込みから、抽選について、
そして、お支払い・ご決済、商品お届けまでの
くわしい流れを説明しておりますので、ご覧ください。

抽選販売は、クラフト・雑貨系のオンライン販売としては、
あまり見られない方法です。
ですので、上記リンクから説明ページへお入りいただき、
ご理解をいただいた上で、お申し込みいただくよう、
重ねて、お願いいたします。


2013年1月11日
川原カズキ/スクエアクラフト&クラフト・オンライン
   
   

当ショップ「クラフト・オンライン」では、
「スクエア クラフト ファクトリー」の工房にて
製作した商品を、1つずつ撮影し、
個別に紹介記事を作成し、UPしております。

商品の在庫については、
ほとんどのプロダクトについて、
ストックはありません。

いま、ご覧いただいている商品は、
どなたかにお買い上げいただきますと、
「売り切れ」となります。

売り切れの商品について、
「同じ(樹種の)商品は、ありますか?」という
お問い合わせをいただくことがあります。

これにつきましては…
「つぎ(以降)のロットをお待ちください」
と、お答えするか、
「材料が、もうないので、発売予定はありません」
と、ご返事することになります。

個人で製作、販売を行なっておりますので、
たくさんの数を作って、販売することはできません。
事情をご理解いただくとともに、
売り切れの際は、ご容赦いただきますよう、
よろしくお願いいたします。



 

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

 

スクエア クラフト ファクトリーのウェブサイトへ

ショッピング・カート

» カートの中身を見る

商品カテゴリー

最近リリースしたプロダクト

お支払い・送料について

商品発売「ご案内メール」サービス

商品を検索する

こちらでも買えます

トゥルー バターケース 発売中 トゥルー バターケース 発売中 ヤフオクのスクエアクラフトpageへ

カルピスバターを使った
レシピがいっぱいの本

トゥルー バターケース 発売中
バターマニア
カルピスバターに携わる人たちが披露してくれる、とっておきのカルピスバターのレシピがぎっしり。カルピス社監修、カルピスバターの公式ガイドブック。スクエアクラフトの「パティ450」も紹介されています。

工房のこと 安曇野のこと

安曇野クラフト日記のウェブサイトへ

Feeds(ページ更新情報の配信)

RSS - ATOM